LINK
損をせずに高値の査定で自分の車を手放したいのなら、売却額査定の前に最低でも抑えておくべきことが結構あります。掃除をして、自動車の車内の臭いや汚い部分を取っておくことが大事なポイントだといえます。査定を出すのも生身の人間です。「キレイではないな〜」と思ったら心情としてよい見積をすることはないのは理解できると思います。臭気、汚い部分の車内掃除さえもされていない大事にされなかった車というイメージを与えてしまいます。車種に関する問題ではなく査定対象車を査定に出す場合でも例外ではないです。まず、臭気についてもっともポピュラーなマイナス査定のポイントとして、タバコ臭があります。中古車の車の中はスペースの限られたところです。その空間で煙草を吸えばタバコの臭いが車内中にこびり付いてしまいます。ここ近年では煙草を敬遠する方が声高に叫ばれているのでそんな世間の流れあって昔よりタバコの臭いは見積額に影響します。自動車の見積の前には時間があれば消臭剤などのアイテムを利用して売却する自動車の車内臭を消しておく必要があります。ペットの臭いも金額が変わる要因となります。普段から動物と乗っている自分には気付かない事もありますから誰か他の人に確認を依頼するほうがいいです。また、汚れなどですが中古車を手放したあとで、中古車引き取り店のプロが該当する車をきれいにして市場に出るのだから掃除しなくてよい、と考えて見積したら完全に買取価格は下げられます。年式に比例するある程度の汚れは許容されますが少し掃除をすることで取るのが可能なよごれは車を洗ったり車内をきれいにして落としておいた方がプラスになります。所有車にワックスがけや愛車のトランクの中の整頓も大事です。実のところワックスがけや車内清掃に必要なお金とよごれているために査定で引かれてしまう見積額を比較すると後者の方が影響が強いはずです。思い入れのある手を入れて乗り続けた自動車か?という点では普段から洗車をしたり車内をきれいにしておくのが一番良いと考えられますが買取査定に出すときの暗黙の了解だと思いますから買取査定をする前に手入れを済ませておくことは、手放す自動車の売却金額を高額にしたいと思う場合にはなるべくしておくべき仕事だという事を理解する必要があります。