LINK
考えもせずに起こってしまうのが乗用車の事故です。ここでどのように作業するかがポイントとなり、車の保険料の支払いもかなり異なることも予想できますので間違えない判断力と行動が大切です。想像も出来ないアクシデントに慌ててしまうのならば工程を逃してしまい、それから自らがとても大きな損を受ける状況も想像できるので自動車の事故に巻き込まれたケースは冷静に次の判断を行います。事故をした時にまずしなければいけないのが重軽傷者の有無を確認する必要があります。事故の後すぐは気が動転するあまり喪心状態になってしまう時があり容易に動けないのが通常です。その場合、負傷者がいたら危険ではないところへ移して手当てを行い119番通報する等怪我人最優先に努めましょう。119番に電話をする場合は的確な位置を知らせて良く分からない場面では辺りのよく知られている建物や交差点名を伝えてその地点が分かってもらえるようにします。その次に110番へ電話して車の事故が起こった事そして簡単に状況を知らせます。救急車とパトカーの到着を待つ間に怪我人の内容を聞きます。名前、住所、事故相手の自動車保険会社などなど自分だけでなく相手の身元を伝えます。この場面で相手側に過失があるような場合にはそこで処理することが存在しますが事故現場で片付けるのではなく、どのような状態だったにせよ110番や保険会社に通報して、ちゃんと調べてもらう事が欠かせません。お互いの連絡先を教えたら他の人のじゃまになることをやめるために障害となる物を路上から排除します。万が一障害になる物が通りかかった人の自動車の妨げになっている場合には、各々の情報交換をする以前にこれを終わらせてしまっても構いません。その次に自身が掛金を支払っている保険会社に連絡を入れ自動車での事故を起こしてしまった事を電話します。車の事故から一定期間の内に保険屋さんに電話しておかないと、自動車の保険の適用されない場面も想定されますのでなるべく遅れることなく連絡を入れることが必要です。出来るのならば形跡として、手持ちのカメラや携帯電話のカメラなどを使って事故や愛車の破損を見ることができる写真を撮っておきます。この写真は落ち度の割合決定する時に手がかりとできますので自らのクルマや相手のクルマの故障個所をしっかりとカメラに残しておいてください。この状況で目撃者がいれば警官や保険屋さんの人が着くまで一緒に待っていて頂けるように頼むのも大事です。