LINK
FXには取引所取引という所がございます。通常のFX業者とトレードを行うという行動を「店頭取引」と言いますが取引所を通過させないで商売の目標は外為取引業者になります。「取引所取引」というのはFX会社はあくまで仲介でありますので、ダイレクトな売買パートナーは取引所を意味する事になっています。この違いをここで若干比べてみましょう。まず「店頭取引」の折は預けておるお金は外為業者にコントロールされているのです。ところで「取引所取引」の場面、このお金は全てのお金取引所に仮納しなければならないと決められているのです。もしかしてFX企業がパンクするといった経験が例えあっても、取引所取引は取引所によって資金は全ての額擁護してもらうことになっています。店頭取引の際は外為業者が調節しているから、業況により会社破産の跳ね返りをに遭い預け入れていた証拠金はガードされないかもという可能性があります。更に税金面でも両者双方内容に相違が存在します。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップ金利などを雑所得として給料と合計で届出をしなければいけません。確定申告せず済む時もありますのでわが身に適合するかどうか十分確かめるようにしてください。アナタが会社員で年収二千万円以下給与の所得他所得が20万円以下(いくつかの会社から賃金所得はなし)といった基準を守っていれば特別のケースで確定申告は必要ありません。FXの利潤が二十万円以上場合は確定申告をするようにして下さい。税率は所得に即して5〜40パーセントの6段階に振り分けられていて、実入りが高いのであれば税金も上がります。「取引所取引」については、利益があるのならば他の稼ぎとは分けておいて「申告分離課税」の対象となってしまうでしょう。税の度合いはすべて20%となりますが、もしも足が出るのが確定したなら「取引所取引」の有益として損分を翌年以降に先延ばしするということができます。上記から読んでも、「取引所取引」の方がより低い税になるケースもあるので比較して検討していった方が良いと思います。未経験者の方なら、株価の上がり下がりや円の状態に日々注意して、利潤や欠損分にスリリングな事により、税金を払うという事態を忘れてしまいがちなることもあります。損分は困りますが、実収が値上がりすれば税金も額が増えるので気を配るのと意識がポイントですね。