LINK
自動車を買い取ってもらう際や、それから車両の処分時も印鑑証明が必要になってきます。それではこの印鑑証明に関して解説しましょう。印鑑証明とは、その印鑑が実印として認められているということを保証する目的の書類です。この書類がないのであればその印鑑に関して実印として認められているかどうかが保証できません。大きなお金が動く売買になる中古車の売買ですから、どうしても実印が必要になりますがその時にこの印鑑証明も出てきます。印鑑証明を発行するには発行前に印鑑証明の手続きをすることが必要です。書類に登録する印鑑は通称、実印と呼ばれていて世界で唯一のハンコでなくてはなりません。この印を用意して近所の役所の案内係に行けば印鑑登録をすることができます。手続きが終わると、印鑑登録カードというものがもらえて登録が完了した印鑑は実印ということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうには市役所などの受付へ行き、印鑑登録証明書交付申請書に必要項目を埋めて印鑑登録カードを持参するだけでできます。それから、自動交付機で発行してもらう事が可能です。印鑑証明には有効期限などはないのです。なのでどれだけ前の印鑑証明だとしても効力はあることになります。しかしクルマ売却時には、効力のある印鑑証明は3ヶ月以内に発行された書類である必要があります。ほとんどの場合有効期限の定めはないですが所有車の買い取りの際は業者側が有効期限を決めているので仮に車両の買い取りを考えているのならばあらかじめ用意しておくことが必要です。